野中経営グループ

文書作成日:2024/01/04
2024診療報酬改定の基本方針

 2024年度の診療報酬改定の基本方針が、厚生労働省の社会保障審議会の医療部会と医療保険部会で決定されました。

 まず、改定の施行時期が変わります。医療機関や薬局、ベンダの集中的業務不可を平準化するために、従来の4月施行から2ヶ月後ろ倒し、6月1日が施行日となります。

 その上で、今回の改定では、物価高騰と賃金上昇、経営の状況、人材確保の必要性、患者負担と保険料負担の影響を踏まえ、これまでの流れとあるべき医療・介護の提供体制、DX等の新たな流れを取り込み、次の4つの基本的視点が示されています。


1.現下の雇用情勢も踏まえた人材確保・働き方改革等の推進【重点課題】

【具体的方向性の例】

  1. 医療従事者の人材確保や賃上げに向けた取組
  2. 各職種がそれぞれの高い専門性を十分に発揮するための勤務環境の改善、タスク・シェアリング/タスク・シフティング、チーム医療の推進
  3. 業務の効率化に資するICTの利活用の推進、その他長時間労働などの厳しい勤務環境の改善に向けての取組の評価
  4. 地域医療の確保及び機能分化を図る観点から、労働時間短縮の実効性担保に向けた見直しを含め、必要な救急医療体制等の確保
  5. 多様な働き方を踏まえた評価の拡充
  6. 医療人材及び医療資源の偏在への対応

2.ポスト2025を見据えた地域包括ケアシステムの深化・推進や医療DXを含めた医療機能の分化・強化、連携の推進

【具体的方向性の例】

  1. 医療DXの推進による医療情報の有効活用、遠隔医療の推進
  2. 生活に配慮した医療の推進など地域包括ケアシステムの深化・推進のための取組
  3. リハビリテーション、栄養管理及び口腔管理の連携・推進
  4. 患者の状態及び必要と考えられる医療機能に応じた入院医療の評価
  5. 外来医療の機能分化・強化等
  6. 新興感染症等に対応できる地域における医療提供体制の構築に向けた取組
  7. かかりつけ医、かかりつけ歯科医、かかりつけ薬剤師の機能の評価
  8. 質の高い在宅医療・訪問看護の確保

3.安心・安全で質の高い医療の推進

【具体的方向性の例】

  1. 食材料費、光熱費をはじめとする物価高騰を踏まえた対応
  2. 患者にとって安心・安全に医療を受けられるための体制の評価
  3. アウトカムにも着目した評価の推進
  4. 重点的な対応が求められる分野への適切な評価(小児医療、周産期医療、救急医療等)
  5. 生活習慣病の増加等に対応する効果的・効率的な疾病管理及び重症化予防の取組推進
  6. 口腔疾患の重症化予防、口腔機能低下への対応の充実、生活の質に配慮した歯科医療の推進
  7. 薬局の地域におけるかかりつけ機能に応じた適切な評価、薬局・薬剤師業務の対物中心から対人中心への転換の推進、病院薬剤師業務の評価
  8. 薬局の経営状況等も踏まえ、地域の患者・住民のニーズに対応した機能を有する医薬品供給拠点としての役割の評価を推進
  9. 医薬品産業構造の転換も見据えたイノベーションの適切な評価や医薬品の安定供給の確保等

4.効率化・適正化を通じた医療保険制度の安定性・持続可能性の向上

【具体的方向性の例】

  1. 後発医薬品やバイオ後続品の使用促進、長期収載品の保険給付の在り方の見直し等
  2. 費用対効果評価制度の活用
  3. 市場実勢価格を踏まえた適正な評価
  4. 医療DXの推進による医療情報の有効活用、遠隔医療の推進(再掲)
  5. 患者の状態及び必要と考えられる医療機能に応じた入院医療の評価(再掲)
  6. 外来医療の機能分化・強化等(再掲)
  7. 生活習慣病の増加等に対応する効果的・効率的な疾病管理及び重症化予防の取組推進(再掲)
  8. 医師・病院薬剤師と薬局薬剤師の協働の取組による医薬品の適正使用等の推進
  9. 薬局の経営状況等も踏まえ、地域の患者・住民のニーズに対応した機能を有する医薬品供給拠点としての役割の評価を推進(再掲)

出典:厚生労働省「令和6年度診療報酬改定の基本方針の概要


 詳細は、以下の厚生労働省の公表資料でご確認ください。

参考:
厚生労働省「令和6年度診療報酬改定の基本方針

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
戻る
 

このページの先頭へ