野中経営グループ

文書作成日:2020/04/07

パートタイマーの休業手当を計算する際の注意点

 新型コロナウイルス感染症の影響により、飲食店等で一時的に店舗を閉めるなどして、所定労働日に従業員を休業させるケースが出てきています。会社都合で従業員を休ませる場合には、労働基準法の定めに基づき、従業員に対して休業手当を支払う義務があります。またこれは正規従業員だけでなく、パートタイマーなどの非正規従業員も対象になります。そこで今回は、この休業手当を計算する際の注意点をとり上げます。

1.原則となる計算方法
 休業手当は、平均賃金の100分の60以上の額と規定されていますが、その計算は原則として平均賃金を算定すべき事由の発生した日以前3ヶ月間に、その従業員に支払われた賃金の総額を、その期間の総日数(暦の日数)で除することで行います。なお、賃金締切日がある場合は、直前の賃金締切日からさかのぼって3ヶ月間で計算します。
 例えば賃金締切日が15日で、2020年4月30日に休業させる場合には、3月16日〜4月15日、2月16日〜3月15日、1月16日〜2月15日の3ヶ月間の賃金総額を出し、これをその期間の総日数(91日)で除することで平均賃金を計算します。
 具体例は以下のとおりで、銭未満の端数は切り捨てることが認められています。※画像はクリックで拡大されます。

 これにより、休業手当については、この平均賃金の額(7,252円74銭)に60%を乗じた額の4,351円64銭以上の金額の支払いが求められます。なお、円未満の端数は、50銭未満の端数は切り捨て、50銭以上を1円に切り上げることが認められているため、1日の休業であれば4,352円以上の金額を支払うことになります。

2.最低保障
 パートタイマー等は時間給制であることが多いことから、平均賃金を計算する際には、1.のほか、最低保障額の計算も求められます。これは時間給制に限らず、賃金の一部または全部が時間給制や日給制、出来高給制の場合が該当します。
 最低保障額は、平均賃金を算定すべき事由の発生した日以前3ヶ月間に、その従業員に対し支払われた賃金の総額を、その期間の労働日数で除した金額の60%とされています。なお、1.により計算した金額が、この最低保障を上回る場合は、1.が平均賃金となります。
 具体例は以下のとおりです。※画像はクリックで拡大されます。

 この場合、(1)と(2)を比較すると(2)の方が高いため、平均賃金は4,680円となります。そして、休業手当は平均賃金に60%を乗じた2,808円以上になります。

 入社したばかりで1ヶ月分の賃金が支払われていないなど、特殊な事案もあるかと思います。このような場合には、当事務所までお問い合わせいただくか、所轄労働基準監督署に相談の上、対応しましょう。

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




2020年4月1日から施行される改正女性活躍推進法2020/03/31
新型コロナウイルス感染症に関する情報リンク集2020/03/24
事業所を廃止する場合の労働保険手続き2020/03/17
2020年3月分から変更となる協会けんぽの健康保険料率2020/03/10
2021年1月より時間単位で取得できるようになる子の看護休暇・介護休暇2020/03/03
4月より開始する短時間労働の障害者を雇用する事業主への給付金制度2020/02/25
2020年3月30日から施行されるハローワーク等での求人の不受理2020/02/18
2020年4月から廃止となる雇用保険料の免除2020/02/11
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2020/02/04
採用面接のときに注意すべき不適切な質問2020/01/28
全国的な自転車保険の加入義務化に伴い、見直しておきたい自転車通勤等の取扱い2020/01/21
4月より健康保険の被扶養者の要件に国内居住が追加されます2020/01/14
2019年12月2日からスタートした健康診断結果報告書等の帳票印刷サービス2020/01/07
66歳以上まで働ける制度のある企業の割合は3割2019/12/31
年次有給休暇の取得状況を確認する際の注意点2019/12/24
高校新卒従業員の39.2%、大学新卒従業員の32.0%が入社3年以内で離職2019/12/17
就業規則の作成・届出や衛生管理者の選任時における労働者数の考え方2019/12/10
時間外労働削減に向けた取組みを行う際に中小企業が活用したい助成金2019/12/03
来年より充実するハローワークの求人サービス2019/11/26
10月よりスタートした従業員が自己啓発を行う際に活用できる教育訓練給付金制度2019/11/19
無用な解雇トラブルを防止するために知っておきたい解雇予告の注意点2019/11/12
誤りやすい割増賃金の基礎となる賃金2019/11/05
協会けんぽの手続きでも広がる署名・押印の省略の動き2019/10/29
協会けんぽの被扶養者資格の再確認とその際に活用できる文書例2019/10/22
今年も11月に実施される過重労働解消キャンペーン2019/10/15
従業員50名以上の事業場に求められる衛生委員会の設置とその活動2019/10/08
健康保険から支給される傷病手当金の概要2019/10/01
重要性が増している定期健康診断の実施2019/09/24
今年も大幅な引き上げとなる最低賃金2019/09/17
通勤災害と認められない通勤経路の逸脱・中断とその例外2019/09/10
労基署監督指導により支払われた割増賃金支払額は昨年度より大幅減の125億円2019/09/03
最低賃金の対象となる賃金と歩合給における最低賃金の考え方2019/08/27
育児や介護等で退職した従業員を再雇用した際に支給される助成金2019/08/20
改めて確認したい管理監督者の労働時間の把握義務と割増賃金の支払い2019/08/13
確認の徹底が求められる育児休業の延長・再延長の申出理由2019/08/06
改めて確認したい休憩時間の基礎知識2019/07/30
口座振替により納付できる労働保険料2019/07/23
増加を続け、深刻さが増す「いじめ・嫌がらせ」の相談件数2019/07/16
ハローワークを通じた障害者の就職件数が10年連続で前年を更新2019/07/09
本格的な夏到来!熱中症の予防対策2019/07/02
治療と仕事の両立支援を行う際に活用できる助成金2019/06/25
電子申請で行うことが義務化される大企業の社会保険手続き2019/06/18
社会保険の添付書類の廃止や署名・押印の省略の動き2019/06/11
年休を前倒しで付与した場合に適用できる特例2019/06/04
2019年4月よりスタートした国民年金の産前産後期間の保険料免除制度とは2019/05/28
半日単位の年休を導入する際の留意点2019/05/21
3歳までの子どもの養育期間中に利用できる厚生年金保険の特例措置2019/05/14
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2019/05/07
採用リスクを軽減するための試用期間の設定とその運用2019/04/30
年次有給休暇管理簿を作成する際の留意点2019/04/23
定年再雇用時等に社会保険料の負担を軽減できる同日得喪の手続き2019/04/16
 

このページの先頭へ